ユニットバス床シート貼り工事 須磨区

実際浴室塗装、床シートはどれくらい持つものなのか?

これはウメウチ技研が2008年からお取引させていただいている不動産会社様からハーフパン塗装(バスタブから洗い場床にかけて)施工させていただいた物件です。

もうかれこれ11年経過しています。
画像
これは剥がれではなく長年の使用で擦れて塗膜がなくなっていたり薄くなっています。
足踏み場でもある洗い場床の塗装は座椅子、おそうじ時の長靴などの擦れ傷がつきやすいので極力シートをお勧めいたしております。
画像
再施工で今回は塗装ではなくサンゲツ製プレーンエンボスシート貼です。
擦り洗いにも耐性があります。
洗い場床シートの耐性は2011年の初工事から今のところ8年は問題なく持ってます。

バスタブは剥がれなどの問題もなく、洗えばきれいになりました。

画像


耐用年数は、いずれも施工時の下地の状態、施工後のご使用状況にもよると思います。

浴槽塗装はウメウチ技研 http://www.umeuchi-giken.com

(中心エリア)兵庫県
神戸市、北区、西区、東灘区、灘区、中央区、長田区、須磨区、垂水区、尼崎市、西宮市、芦屋市、伊丹市、宝塚市、川西市、三田市、猪名川町、明石市、加古川市、高砂市、稲美町、播磨町、西脇市、三木市、小野市、加西市、加東市、社町、滝野町、東条町、多可町、姫路市、家島町、夢前町、神河町、市川町、福崎町、香寺町、相生市、たつの市、赤穂市、宍粟市、太子町、上郡町、佐用町、安富町、豊岡市、養父市、朝来市、香美町、新温泉町、篠山市、丹波市、洲本市、南あわじ市、淡路市、五色町。兵庫県を中心に全国対応。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック